大阪市中央区南本町にあります、心療内科・心理療法の『こころのクリニック和-なごみ-』は不眠、うつ、神経症、情緒不安定等の病気に対して治療、サポートを行っております。また、心の病気によって休職中の方の職場復帰のサポートもしております。

リワークプログラム~8.CRESSが大切にしているグループ内の相互交流~

8. CRESSが大切にしているグループ内の相互交流

リワーク・プログラムCRESSのスタッフである臨床心理士は、CRESSでの復職支援に取組むと同時に、個人を対象にした心理療法も実践しています。このパンフレットを見ていただくと、CRESSでは、グループの経験を通じた参加メンバーの心の変化を強調していることが、おわかりいただけたと思います。ひとりの心の真実を深く知ろうという心理療法の営みを大事にしている私たちスタッフは、CRESSというグループをダイナミックな個人であるとも理解します。スタッフは、参加メンバーの職場復帰という現実的達成を援助すると同時に、その方がCRESSの経験の中で自分自身を深く知っていくプロセスを共にできるように関わっています。それが復職という現実に向かう時の本当の力になると考えるからです。

こうした理念を持つCRESSでは、参加メンバーの間の相互作用と相互交流が治療的な経験の中核になると考えています。CRESSではメンバーを参加時期で機械的にコース分けしていません。それには治療的な理由があります。いろいろな参加状況にあるメンバーが一緒にプログラムを経験するグループ構成こそが、様々な感情や想い、葛藤を生じさせるからです。そして参加状況が異なるメンバー同士が、共に復職を目指そうという目標を共有することで、助け合い支え合える関係が生まれます。
こうしたグループ内での相互交流は集団療法の本質的要素です。まさに職場こそが、そういう集団だったはずです。参加メンバーは、上司や同僚、新人や後輩や先輩に取り囲まれ、様々な感情や想い、葛藤を経験していたはずです。

CRESSでは色々なメンバーが一緒にプログラムに取組めるように治療的グループを構成することで、多様な経験に開かれることを大事にしています。そうした経験が職場集団の中で仕事をしていく力になるのです。
同時にスタッフは、その方の参加状況や達成度に合わせた対応を随時行います。例としては、参加初期メンバーへのプログラム説明や生活相談、参加中期および後期メンバーに対する「職場の方との合同面談」があります。ご家族の理解を頂きたい場合は「家族面談」も実施しています。

リワークプログラム「CRESS」グループ作業作品集 〜リワークの参加メンバーによる取り組みをご紹介〜

「患者様の声」復職された方の卒業文集「リワークプログラムCRESS」
PAGETOP
Copyright © 2019 こころのクリニック 和-なごみ- All Rights Reserved.