大阪市中央区南本町にあります、心療内科・心理療法の『こころのクリニック和-なごみ-』は不眠、うつ、神経症、情緒不安定等の病気に対して治療、サポートを行っております。また、心の病気によって休職中の方の職場復帰のサポートもしております。

診療について

「和 -なごみ-」の一般外来

樹木医という職業があります。病んだ樹木や老木を保護する「木のお医者さん」です。彼らの仕事のポイントは「待つ」ことだそうです。加える人手はほどほどに、樹木が本来持っている生命力を上手に引き出し、自然治癒を根気強く待つのです。

このことは、心の病気の治療とよく似ています。

樹木医はそれぞれの樹木の個性をよく理解しています。それぞれの樹木がどのような環境を好み、どのような速さで成長し、水や日光がどれくらい必要なのかについて。
ですから、私もご本人様をよく理解することから、治療を始めます。十分な時間をかけて、症状とその背景に抱えておられる問題を一緒に考えてゆきます。

人手を加える部分で言えば、水や肥料に当てはまるものは、お薬やカウンセリングとなります。
これらは苦痛を和らげ、心の栄養となります。 土を入れ替え、日当たりの良い場所に移すことは、ご家族や職場との関係を調整することに当てはまります。ご本人様がゆったり静養できる環境を整えることはとても重要です。

そして、心の病気の治療でも「待つ」ことは大切なポイントです。体の病気は検査データや傷口の様子によって治る経過が予測できますが、心の病気は目では見えません。先が見えないとご本人様も周囲の方も焦ります。けれど、やみくもに水や肥料をやり過ぎるとかえって樹木を傷めるように、早く治そうと焦りすぎても、あまりよいことはないようです。やはり心の傷が癒えるためには、時間が必要なのです。

心には本来、健康に向かう力がある、と私は信じています。私たちの役目は、それを引き出すためのお手伝いです。ご縁があって出会った方それぞれの回復を見守りつつ、その道程をお供をさせて頂ければ幸いです。

一般外来イメージイラスト

●外来治療の内容

1、精神療法

担当医がお話をうかがいながら、ご本人様の抱える症状、悩みについて一緒に考え、適宜助言を行います。お話しされるだけでも、これまで一人で抱え込んでいた問題が医師と分かち合われ、心が軽くなる事もあります。また、心が余裕を失っているときは、一つの考えにとらわれやすく、視野が狭くなりがちです。お話されながら医師と一緒に考えることで、頭の整理、心の整理が少しずつできるようになります。そうすると、別の角度から物事をとらえたり、柔軟な考え方ができるようになり、解決の糸口になることもあります。診察室でのお話の内容は、ご本人様の同意がない限り、外部へ漏れることは一切ありませんので、どうぞ安心してお話し下さい。

2、薬物療法

心の病気になると、身も心も疲れ切ってしまいます。だからといって、「ゆっくり休もう」「気持ちを楽に持とう」と思っても、気が焦るばかりでうまくいきません。つまり、心の病気になると、休むことそのものが難しくなってしまうのです。そこで、お薬の力を借ります。お薬は、脳の神経伝達物質を調整することで、疲れた神経を効果的に休ませる働きがあります。お薬を飲んで、ゆっくり心を休めつつ、精神療法を組み合わせる事で治療はより効果的なものになります。 使用するお薬の種類は、うつ状態に用いる「抗うつ薬」、睡眠を助ける「睡眠導入剤」、緊張や不安を鎮める「抗不安薬」、他にも「抗精神病薬」、「漢方薬」などがあります。当クリニックで薬物療法を行う場合は、必ず説明をさせていただいた上で、ご本人様に合わせた適量だけを処方する方針をとっておりますので、ご不明な点がございましたら担当医にご相談下さい。

3、家族面談、職場の方との面談

余計な心配をかけたくなかったり、理解されないことを恐れたり、誤解される不安があったり、いろんな理由で心の病気は一人で抱え込まれることになります。それはとても苦しく、孤独なことです。できれば、苦しみを一人で抱え込まずに、信頼できる方と分かち合って頂きたいものです。そばにおられる方の理解が得られれば、安心して心を休めることができるようにもなります。 当クリニックでは、ご本人様が希望される場合、必要に応じて、ご家族や職場の方との面談を設定しております。そばにおられる方に、病気について、直接伝えにくいことについて、医師を交えて話す場を必要とされるなら、いつでも担当医にご相談下さい。

▲ページトップに戻る

心理療法

誰もが、自らのあり方に、多かれ少なかれ疑問を持ち、答えを探し求めます。

心の声はあなたに問いかけます。
「私はどうして生まれたのだろう?」
「私は本当に私らしく生きているのだろうか?」
「私には欠けたものがあるのではないか?」

答えのない問いです。
自分と深く向き合う事は、苦しい事でもありましょう。
だから、あなたは声に背を向けて生きることも選べるのです。

けれど…。
たとえそうだとしても、「私自身を知りたい」、そう切実に思うのなら、心理療法はあなたに真摯に応えるでしょう。

その旅路の果てに、心の声はやはりあなたに届きますが、声はあなたを自由にするでしょう。

心理療法イメージイラスト

●このような方に

心理療法の対象となるのは、ご自身の性格や愛情のあり方に疑問を感じておられる方、対人関係に困難を感じておられる方など、自分自身の心や生き方に深い悩みを抱えておられる方々です。例えば、「自分のことが好きになれない」「人を深く愛せない」「自分には愛される価値がない」「人付き合いがいつも長続きしない」などなど、人生の課題ともいえる「問い」に、自己理解を深める事を通して、向き合ってみたいとお考えになられる方におすすめします。
また、薬物療法など一般外来治療では、十分な改善が得られない精神症状にお悩みの方にも心理療法が役に立つこともございます。この場合は現在通院中の担当医に十分ご相談の上、お問い合わせ下さい。

●心理療法とは?

あなたの心はあなたが一番良く知っているはずです。けれど、あなたにはあなたの背中が見えないように、心にも自分自身では気が付かない部分があります。無意識の世界です。そこには、静かに心を温める愛があるのかもしれません。あるいは、閉じ込めねばならぬほどに危険な憎しみがあるのかもしれません。いずれにしても、無意識の世界にはあなたが知っていて知らないものたちが存在しているのです。これらが互いにぶつかり合うと、葛藤が生まれ、それは得体の知れない影となってあなたに取り付くことになります。影が巨大になれば、心を縛り、自由を奪います。場合によっては不安や抑うつなどの「症状」となって影は姿を見せます。影から自由になるには、その正体を知る必要があります。心理療法はそのための営みと言えるのかもしれません。
心理療法はトレーニングを受けたセラピストと行います。あなたの心と、あなたを理解しようとするもう一つの心が、出会い、語らい、長い年月を積み重ねながら、あなたの内なる世界を旅するのです。こうした旅路で得られる気付きと経験は、単に医学的な治癒をもたらすのみでなく、心をより豊かにし、あなたの人生の財産となり続けるでしょう。

心理療法をご希望される方へ

  • ●少なくとも週1回は、50分間を決まった曜日・時間に確保できる方に限らせて頂きます。
  • ●心理療法の導入前には、医学的管理の必要性等を査定するために、 医師による一般外来診療を受けて頂きます。
  • ●費用は、担当セラピストの経験、面接の頻度等によって異なります。 目安として、保険診療費に加えて面接一回当たり予約金3,000円〜を頂いております。
  • ●詳しい内容については、担当の医師または臨床心理士にお尋ねください。
▲ページトップに戻る

クリニック情報 CLINIC INFORMATION

診療時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00

★…第1・第3土曜 10:00〜17:00 休診日水曜日午後、第2・第4土曜/日曜日・祝日

〒541-0054
大阪市中央区南本町2-2-9 辰野南本町ビル1階

大阪メトロ堺筋線・中央線「堺筋本町」駅 8号・9号出口上がってすぐ

〈 お問い合わせ・ご予約 〉
PAGETOP
Copyright © 2018 こころのクリニック 和-なごみ- All Rights Reserved.