リワーク・プログラミングのご案内
お問い合わせ
パンフレット
リワークプログラム[CRESS]のBlog

リワークプログラムの様子を
ご覧いただけます

ワクワク♪リワーク通信

リワークでの感想や気づきなどを
参加者自ら綴ります♪

私たち人間は、一人では生きてゆけない存在です。他者と出会い、つながりが生まれ、お互い支え合って生きています。そして時に「人の和」の中から、予想以上の大きな成果が生み出されることがあります。

このことは、心の病気の治療にも当てはまるように思います。心の病気を患った方のなかには、仕事を休むことになり、その後職場に戻りづらくなられる方がおられます。人に会うこと、街に出ることが恐くなる方がおられます。こうした方々が、再び人や社会とのつながりを取り戻すためには、自分一人で解決するばかりでなく、みんなで一緒に取り組んだ方がうまくいくこともあります。

「こころのクリニック 和−なごみ−」では、うつ病や不安障害などの心の病気によって休職中の方を対象に、職場復帰までのリハビリテーション〈リワーク・プログラム〉を行っております。
少人数のグループ活動を通して、職場復帰に必要な心と体のリハビリを、当クリニックスタッフがお手伝いします。

リワークプログラミングのメリット

①生活習慣を整える

どうしても休職中は生活が不規則になります。朝、なかなか起きることが出来ず、日中も横になって過ごし、家に閉じこもりがちになります。昼夜逆転してしまう方もおられます。毎朝決まった時間に起きて、キチンと身支度して、リワーク・プログラムに参加することで、規則正しい生活習慣、睡眠リズムを取り戻し、閉じこもりを防止することが出来ます。

②心の回復、体力の回復

うつ状態では、心の働きも、脳の働きも低下してしまいます。また休職中は運動不足となり、体力も低下してしまいます。元気だった時には何でもなかった作業も、とても難しく感じてしまいます。集中力が続かずに最後までやり通せなかったりします。少しの作業で疲れを感じます。そしてこのような経験は焦りを生み出します。リワーク・プログラムでは参加者の方が、無理なく自分のペースでリハビリを進めながら、脳の働き、体力、自信を回復できるように、オフィスワーク、軽運動プログラムなどをご用意しております。

③仲間との支え合い

病気の苦しさは、実際に経験した人でなければ分からない部分もあります。苦しみを周囲に理解されないことは、とても孤独な体験です。だからこそ、共通の苦しみ、同じ目標を持った参加者同士は、お互いを理解し、受け入れ、支え合うことができます。仲間の存在そのものが、回復への大きな力となるのです。

④コミュニケーション・スキルの向上

リワーク・プログラムはグループ活動ですので、そこには職場と同様に人間関係が形成されます。リワーク活動での人間関係をスタッフや他の参加者と客観的に見つめ直すことで、他者とのコミュニケーションが上手にとれるようになり、実際の職場での人間関係で生じるストレスにも上手に対処できるようになります。

⑤臨床心理士の関わり

「和−なごみ−」では、臨床心理士のリードのもとリワーク活動を行っています。一般的な職業訓練のような作業能力の向上を目指すだけでなく、より心理的な介入を積極的にプログラムに取り入れております。
 うつ病になりやすい人には、特徴的な思考のパターンや人間関係の持ち方があります。例えば、ミスを全て自分の責任に感じて抱え込んだり、人から頼まれたことを断れなかったり。これがそのままだと、症状が改善しても、再びストレスに晒されたときに再発することも少なくありません。
リワーク・プログラムでは、病気や自分自身への理解を深め、心理的な変化をもたらすことで、以前の自分に戻るだけでなく、新しい価値観や生き方を見つけていただくことを目指したサポートを心がけます。

⑥職場との連携、環境調整

心の病気の治療では、職場との連携が不可欠です。けれども、ご本人様にとって、休職中に職場と連絡を取り合うことは、大変気が重いものです。離れている職場が気になりつつも、休むことに罪悪感をもってしまい、うまくお気持ちを伝えることができないものです。「和−なごみ−」では、ご本人様の同意に基づき、担当の医師・スタッフが参加者と職場との間を仲立ち、職場の上司・人事担当の方、産業医・健康管理に携わる方々への状況報告や面談の設定を行い、復職までとその後をサポートします。



リワークプログラムの対象となる方

①「うつ病」と診断されている方。

双極性感情障害(躁うつ病)、統合失調症、発達障害、パーソナリティ障害と診断されておられる方は参加をお断りしております。

②現在、休職中の方。

無職の方は対象とはなりません。

リワーク導入前には担当心理士との面談・心理検査を行い、クリニックでの判定会議を行います。その結果お断りすることもございます。 また、リワークの定員に空きがない場合はお待ち頂くこともありますのでご了承下さい。
他院通院中の方も利用可能ですが、上記内容をご確認の上、主治医からの紹介状をご持参下さい。

リワーク活動内容
●開所時間
月・火・水・木・金 10:00〜16:00

●カリキュラム内容
・セルフチェック:
生活記録表、生活習慣目標を用いて、生活習慣の振り返りを行い、体調やスケジュールを自己管理できるように目指す。
・アートセラピー:
絵画やコラージュなど、表現する事を通して自分についての気づきを促す。
・SST:
コミュニケーションを要する職場などの場面を設定し、ロールプレイを行い、他者との関わり方を考える。
・個別作業:
読書、PC操作、資格の勉強など各自の課題に取り組み、集中力や注意力の回復を目指す。
・個別相談:
今の状態について振り返り、復職に向けての課題を見つめなおす。
・グループミーティング:
ストレス対処法、アサーショントレーニング、認知療法などを学び、再発予防に備える。
・軽運動:
散策やスポーツなどを楽しみ、疲れや身体のだるさを改善する。
・グループ作業:
個人プレゼンやリワーク通信の作成など、グループでの課題に取り組み、仕事の取り組み方を考えたり、グループの中での役割を認識しながらコミュニケーションの取り方について考える。
・グループセラピー:
思うことや考えていることを自由に話し、相互作用によって洞察を深める。
●1週間のスケジュール例
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
10:00〜 受付・朝の会 受付・朝の会 受付・朝の会 受付・朝の会 受付・朝の会
10:30〜12:30 セルフチェック/
SFA
SST グループ
ミーティング
自己分析 グループ
作業
12:30〜13:30 昼休み 昼休み 昼休み 昼休み 昼休み
13:30〜15:30 アート
セラピー
個別作業/
個別相談
軽運動/
リラク
セーション
個別作業/
個別相談
グループ
セラピー
15:30〜16:00 片付け・終礼 片付け・終礼 片付け・終礼 片付け・終礼 片付け・終礼
リワーク活動内容詳細

◎クリニック情報

2016年1月31日まで

診療時間
午前 10:00〜13:00
午後 15:00〜20:00

休診日 水曜日午後・土曜日午後/日曜日・祝日

2016年2月から(土曜の診療時間が変わります)

診療時間
午前 10:00〜13:00
午後 15:00〜20:00

★…第1・第3土曜 10:00〜17:00

休診日 水曜日午後、第2・第4土曜/日曜日・祝日

〒541-0054
大阪市中央区南本町2-2-9 辰野南本町ビル1階

地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」
8号・9号出口上がってすぐ

tel: 06-6226-7463

予約はこちら