大阪市中央区南本町にあります、心療内科・心理療法の『こころのクリニック和-なごみ-』は不眠、うつ、神経症、情緒不安定等の病気に対して治療、サポートを行っております。また、心の病気によって休職中の方の職場復帰のサポートもしております。

パニック障害

●パニック障害とは

パニック障害は、突然、自分がどうにかなってしまいそうな程、強い不安発作に襲われる病気です。このような突然の不安をパニック発作といい、動悸、呼吸苦、胸のしめつけられる痛み、手足のしびれ、発汗、めまい、吐き気などの身体症状を伴います。体の病気を疑って内科を受診しても問題ないと診断された場合、パニック障害の疑いがあります。

パニック発作は特定の場所や状況で起きる方もいますし、場所や状況に限らずに起きる方もいます。特定の場所や状況でよくあるケースは、満員電車や人混みといった窮屈な空間、会議や外食など自由がきかない状況など「逃げ場がない」と感じる場面です。

また、パニック発作が起きていないにもかかわらず、「また発作が起きたらどうしよう」という不安にしばしばとらわれる方もいます。これを予期不安と言います。

●パニック障害の治療

パニック障害は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンのアンバランスが原因と推定されています。したがって、セロトニンを調節する薬(SSRI)が有効です。薬を服用することでパニック発作を抑え、日常の生活で感じる不安を軽減してゆきます。また、過労や睡眠不足などの不摂生な生活や精神的なストレスも症状に悪影響を与えますので、これらに対処してゆくことも大切です。

普段の生活で安心感も持てるようになってくると、苦手な場所や状況に少しずつ慣れてゆくことが必要になります。というのも苦手なものを避けていると、苦手意識がますます強くなってしまうからです。リラックスできる対処法を相談しながら、段階的に試してゆくことで「大丈夫」という感覚を積み重ねていきましょう。生活や行動範囲に制限がなくなり、パニック発作が起こらない状態が維持されてくると、薬も減薬してゆくことが出来ます。

▲ページトップに戻る

クリニック情報 CLINIC INFORMATION

診療時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00

★…第1・第3土曜 10:00〜17:00 休診日水曜日午後、第2・第4土曜/日曜日・祝日

〒541-0054
大阪市中央区南本町2-2-9 辰野南本町ビル1階

大阪メトロ堺筋線・中央線「堺筋本町」駅 8号・9号出口上がってすぐ

〈 お問い合わせ・ご予約 〉

問診票ダウンロード

ご記入いただき、ご来院時にお持ちいただくと受付がスムーズです。ご協力よろしくお願い申し上げます。

問診票ダウンロードはこちら (印刷してご使用ください)
PAGETOP
Copyright © 2018 こころのクリニック 和-なごみ- All Rights Reserved.