リワークプログラムCRESS 復職された方々の卒業文集
お問い合わせ
パンフレット
リワークプログラム[CRESS]のBlog

リワークプログラムの様子を
ご覧いただけます

ワクワク♪リワーク通信

リワークでの感想や気づきなどを
参加者自ら綴ります♪

リワークプログラムCRESSを利用されて復職されたメンバーさん達の卒業文集から、その一部をご紹介いたします。

リワーク卒業文集

CRESSを卒業するにあたり

 まずは、私の8ヶ月間のCRESSでの取り組みを支えてくれた先生方、クリニックのスタッフの方々、共に過ごしたメンバー、リワークを勧めてくれた産業医の先生と保健スタッフ、会社との事務的な事での窓口としてサポートしてくれた人事担当、休職を受容してくれた上司・同僚、そしていつも心の支えになってくれた妻と家族に、心から感謝の気持ちを伝えたいです、私ひとりの力では、到底ここまで来れなかったです。本当にありがとうございます。
復職を目前に控えた今だからこそ、CRESSでの体験で、今後もっとも大切にしていきたい事を書こうと思います。

 「自分がなぜ休職に至ったのか」
転職や子供の誕生、自らの体調不良など、半ば外的要因に休職の原因を置いていた私にとって、それが本当の原因(真実)でないという事を直視した時、これはCRESSでの体験や先生のアドバイスで気づいていけた事ですが、本当に辛かったです。そして、じゃあ「真実」は何なのかを探っていく事、のちに気づく内省的要因を探し、見つめ、掘り下げていく事は、さらに辛い体験でした。「休職」しているという罪悪感、その根っこを追求していく。時には目を背けたくて、直視できなくて、欠席するという行動をとった事もありました。
そして、ようやくたどり着いた真実。それはCRESSに参加する前に私が決めつけていた原因とは、全く違うものでした。真実を知り、受け入れられた事。辛い体験を乗り越えられた事。これは、自分に対して、真剣に向きあう気持ちが無ければできなかったと思います。

 この気持ちを、復職してからも、大事に、丁寧に、大切にしていきます。
CRESSを卒業する事が、治療の終了を意味するものではない、と先生は常々仰言っています。私はCRESSを卒業するからといって、「もう休職しない、再発しない」という確固たる何かを得たわけではありません。「中途採用で入社して、何か会社に来たり来なかったり。休んで復帰したと思ったら、また1年間も休んできて復帰してきた◯◯氏」として復職する事に、これから起こる様々な事に対して、立ち向かえる「こころの準備」はできています。その為にCRESSで頑張ってきました。「頑張れる」っていうのは、簡単そうで難しい事です。小さくても可憐な白い花のように明るく、細くても支えあい柔軟な茎のようにしなやかに、ゆっくりとゆっくりと焦らずに、「不屈の力」を追い求めていきます。

◎クリニック情報

診療時間
午前 10:00〜13:00
午後 15:00〜20:00

★…第1・第3土曜 10:00〜17:00

休診日 水曜日午後、第2・第4土曜/日曜日・祝日

〒541-0054
大阪市中央区南本町2-2-9 辰野南本町ビル1階

地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」
8号・9号出口上がってすぐ

tel: 06-6226-7463

予約はこちら